ホーム | 同窓会便り KiRaRi | KiRaRi 第8号

4会合同協議会に参加して

辻村 和枝(8期生)

8期の辻村和枝です。4月に倶知安から小樽に転居しました。まだまだ落ち着かない毎日を過ごしています。

このたび、同窓会会長と10期の田村美恵子さんと初めて、4会合同協議会に出席しました。私は、初めてお会いする先生方で緊張の時間でしたが、市村先生の進行で和やかなムードで話を聞くことが出来ました。話題のなかで「石井みどり」を推挙する気持ちを強く感じました。

個人的に「歯科衛生士」という職業が、生涯職種になって欲しいと思っている一人です。現在、しか衛生士の教育期間が3年制、4年制となっていますので、誇りを持ち続け、歯科衛生士会入会や同窓会に積極的に参加することが大切だと思います。一人の力は少ないが、多数になれば政治にかかわることもできると、5月26日札幌で日本歯科衛生士会金沢会長の話を聞いて切に思いました。

まとまらない感想になってしまいましたが、この機会を与えてくださった八木会長に感謝しています。ありがとうございました。