ホーム | 同窓会便り KiRaRi | KiRaRi 第8号

新幹事紹介

44期生 能登茉莉花

初めまして、第44期卒業生の能登茉莉花と申します。

今年、無事国家試験に合格し、今は市内の歯科医院へと勤務しております。
私が勤めている医院は、衛生士と助手の仕事の区別がはっきりしており、歯科衛生士として行える業務は何でもやらせていただける所です。その為、やりがいを感じる反面、責任の重さに不安を思う時もあります。また、新人であれば誰しもが通る道かもしれないのですが、入った当初は、右も左も分からず、周りの先輩方に迷惑をかけてばかりいる失敗だらけの毎日で、正直、辛くて辞めてしまおうかと考えた日もありました。しかし、失敗を繰り返した分、成功した時の喜びも大きいのだということも、同時に学ぶことができました。

これからも1つずつ、自分に出来ることを増やしていき、衛生士として成長できるよう、日々努力していきたいと思います。

44期生 福山 美憂

私はこの春に専門学校を卒業し、小樽市内の歯科医院に勤めています。

勤め始めたころは仕事もわからず、失敗が多く迷惑ばかりかけていました。ですが、先生や先輩方は優しく、多少慣れてきて少しずつではありますができる仕事は増えてきて、毎日楽しく働いています。

勉強会やセミナーなどがたくさんあり、少し忙しく大変ですが、とても為になる内容ばかりです。実習という形で先生方や先輩方に指導を受け、わかっていなかった所やポイントがわかり、とても勉強になり早く実践できるようになればと思っています。

まだ、これからも沢山覚えなくてはならない事などがあると思いますが、初心を忘れずに精一杯頑張っていきたいと思います。