ホーム

同窓会便り KiRaRi

小樽歯科衛生士専門学校同窓会会誌「KiRaRi」の既刊号の一覧です。表紙の画像または発行号のリンクをクリックすると各号のページに移動します。

表紙 発行号 内容紹介
KiRaRi 第5号 学校長からの「学校だより」、4月に開催された定時総会の報告のほか、おきつ歯科医院の沖津先生による最近のレーザー治療に関する記事、「KiRaRi波瀾万丈シリーズ」第3弾など、盛りだくさんの内容。すっかりおなじみとなった「ほっ…とタイム」のレシピや、くりぼっちの小樽探訪第4回も楽しい KiRaRi 第5号です。
KiRaRi 第4号 本校にて三年制教育導入後の最初の発行になります。三年制スタートに際して学校長から学校を取り巻く状況や今後に向けてのお考えなどのお話をいただきました。学校の近況として、潮まつりへの参加と特別賞受賞についても取り上げています。
KiRaRi 第3号 二年制最後の年度における発行になります。三年制への移行に関して学校長より改めてお話をいただいています。改修工事の状況のほか完成後の図面も掲載されています。また今号から、活躍している同窓生にスポットを当てる特集が始まりました。
KiRaRi 第2号 5年に一度の名簿発行年度における会誌として、同窓生名簿の取り扱いや関連する規定について掲載されています。また、三年制移行に向けて準備が進められていた時期でもあり、その取り組みに関する学校長のお考えや、その他関連する記事が掲載されています。
KiRaRi 第1号 小樽歯科衛生士専門学校同窓会誌「KiRaRi」の創刊号です。会誌創刊までの経緯や、会誌のコンセプト、創刊に寄せて小樽歯科衛生士専門学校長から本校の歴史をふりかえるご挨拶をいただきました。